top of page
h4.jpg
ヨーロピアン

European Style​ ヨーロピアン
ヨーロピアンとは、一般的に「絵を描く」時と同じように、キャンバスに対して色を乗せることで物の形を出していく手法です。上絵付の基本的な技法で、繊細なかわいらしい絵やすっきりしたシックな絵を描くのに適しています。

【クラスの内容】
難易度順・テクニック習得のためのカリキュラムに沿って進みますが、お皿や色・デザインの指定はありません。
経験によるクラス分けはないため、一人ひとりに合った作品を指導します。
進度も気にせず自分のライフスタイルに合った作品作りに取り組むことができます。
小さな作品から始めて、だんだん大きな絵に進んでいきます。

講師作品(見本例)

アメリカン

American Style​ アメリカン
 アメリカンとは描き方の名称で、バックグラウンドの入った複雑な絵の表現のことです。背景に溶け込むようなやわらかい作品ができます。ちょっとした事で華やかな絵になったり、アンティーク風になったりするので、ヨーロピアンとはまた違った楽しみ方ができます。壷や大皿など大きな作品を作るのにも適しています。
 
【クラスの内容】
カリキュラムに沿って、見本を写すことから始めます(ただし、色合いや金彩、お皿は自由です)。下書きが描いているときに消えてしまい、形がとりにくいため、多少絵付けの経験があり、ある程度平筆を使い慣れた方(中級以上)を対象としています。

※経験者で途中入会したい方はご相談下さい。
 

講師作品(見本例)

Glass​ ガラス絵付け

 陶磁器の絵付けと同じようにさまざまな描き方があり、基本のヨーロピアンの小花や果物、アメリカンの花、風景など、ガラスの質感や透明部分を活かした幅広い楽しみ方ができます。和風、アクリル絵の具などで描いたものとは異なり、ガラス絵付け用の絵の具で描き、焼成しますので食器として使えますし、洗うこともできます。
 

【クラスの内容】
ガラス用絵の具の扱い方、筆の使い方など、陶磁器絵付けのヨーロピアンと同じカリキュラムで進みます。ガラスの焼成の仕方も学んでいきます。

※ヨーロピアンクラスに所属している方は、こちらも自由に受講できます。

ガラス絵付け

Japanese Style​ 和風絵付け
 一般的に和風の絵付けで使う上絵の具は、盛り上げて絵付けをし、焼成するまでどんな色が出るか経験をつまないと分からないものです。(グレーの絵の具が黄色や緑になるため)
洋絵の具で描く絵付けは、多少の変化はあるものの最初からどんな色がでるか予測でき、絵の具を扱いやすいのが特徴です。ガラス質の多い絵の具を加えることにより、和絵の具のように盛り上げて描くこともできます。

 また、イングレーズのテクニックで染付のような風合いを出すことも可能です。
 
【クラスの内容】
和絵付けの基本、線描きを習得しながら、筆や絵の具の扱いを練習し、和の文様や伝統的なモチーフを自由にデザインできるようにしていきます。赤絵や京焼などの陶器への絵付け、盛り絵の具を使った久谷風、イングレーズを使った鍋島写しなど、幅広いテクニックを学びます。

 初心者でも丁寧に指導いたします。また、陶芸をなさっている方で自分の作品に絵付けをしたいという方にもオススメの講座です。
※ヨーロピアンクラスに所属している方は、こちらも自由に受講できます。

 

和絵付け

講師作品(見本例)